公益財団法人 大山守大場家保存協会

大山守大場家郷士屋敷は・・・

大山守大塲家郷士屋敷-椿桜湖の絵

  椿桜湖 画 明治43年(1910)

中世の山城・玉造城を背にする位置に建つ伝統的な茅葺住宅です。

大場家第三代清左衛門正治の時に初代水戸藩主・徳川頼房の領内巡視の際の宿泊所として、また水戸藩南部の藩政事務所として、寛文期(1661~72)に建てられたものです。

平成16年から20年にかけて5ヵ年計画により大規模な解体修理が行なわれ、幕末期の大山守大場家郷士屋敷に復元されました。

建物は農家造りの居住・役宅部と数奇屋風の格調高い御殿部(御殿・次の間・玄関・式台など藩主の御旅館として使用)があり、長屋門を構えた屋敷となっています。

大場家は代々水戸藩の大山守を務め、20数カ村の藩有林を管理するとともに、各村の庄屋の上に立ち、勧農、税の徴収・訴公・治安等、広域にわたる藩行政にたずさわりました。

大場家郷士屋敷は、霞ヶ浦・行方地域の政治・経済・文化活動の拠点として、その歴史を今に語り続けています。

屋敷概観屋敷内概観屋敷内部

最新投稿

  • 令和4年度文化講演会

    6月19日、行方市文化会館に於いて、令和4年文化講演会を開催致しました。 毎年11月に行われる講演会ですが、会場の工事の関係で6月の開催となりました。 今年は、茨城県立歴史館 主任研究員 山縣創明先生、元茨城県立太田第一 …

  • 大場家の花だより6月16日

    曇り空が続きますが、大場家の植物は日毎に生き生きと成長しています。 早咲きのスカシユリが見頃を迎えました。

  • 大場家の花だより6月8日

    6月に入り、梅雨の季節が始まりました。 梅雨曇りの空の下、スカシユリが華やかに咲き始めています。 梅の実も大きく育っています。

  • 大場家の花だより5月25日

    二十四節気の小満が過ぎ、豊かな緑を目にできる季節となりました。 芍薬が見頃を迎えています。 ハコネウツギの花も咲きました。 花色が白から紫紅色へとだんだん変化します。 花びらの縁から色づいていく様子が美しく、魅力的です。

インフォメーション