公益財団法人 大山守大場家保存協会

大山守大場家郷士屋敷は・・・

大山守大塲家郷士屋敷-椿桜湖の絵

  椿桜湖 画 明治43年(1910)

中世の山城・玉造城を背にする位置に建つ伝統的な茅葺住宅です。

大場家第三代清左衛門正治の時に初代水戸藩主・徳川頼房の領内巡視の際の宿泊所として、また水戸藩南部の藩政事務所として、寛文期(1661~72)に建てられたものです。

平成16年から20年にかけて5ヵ年計画により大規模な解体修理が行なわれ、幕末期の大山守大場家郷士屋敷に復元されました。

建物は農家造りの居住・役宅部と数奇屋風の格調高い御殿部(御殿・次の間・玄関・式台など藩主の御旅館として使用)があり、長屋門を構えた屋敷となっています。

大場家は代々水戸藩の大山守を務め、20数カ村の藩有林を管理するとともに、各村の庄屋の上に立ち、勧農、税の徴収・訴公・治安等、広域にわたる藩行政にたずさわりました。

大場家郷士屋敷は、霞ヶ浦・行方地域の政治・経済・文化活動の拠点として、その歴史を今に語り続けています。

屋敷概観屋敷内概観屋敷内部

最新投稿

  • 初冬の大場家

              【御殿の間から望む名残の紅葉】   【ツワブキと赤南天】     【※雨の日はかまどを焚いていぶしてます】  

  • 冬本番を前に

    今年の秋は暖かく、過ごしやすいですね。 例年通り柿がたわわに実りました。  

  • 夏の花

        7月に入って庭にはユリや紫陽花が咲き始めました                

  • 梅の実が実りました

    大場家郷士屋敷はコロナウイルス感染予防の為只今閉館中ですが庭内は変わりなく季節を迎えました 梅の実も大きくなっています。  

インフォメーション