公益財団法人 大山守大場家保存協会

大山守大場家郷士屋敷は・・・

大山守大塲家郷士屋敷-椿桜湖の絵

  椿桜湖 画 明治43年(1910)

中世の山城・玉造城を背にする位置に建つ伝統的な茅葺住宅です。

大場家第三代清左衛門正治の時に初代水戸藩主・徳川頼房の領内巡視の際の宿泊所として、また水戸藩南部の藩政事務所として、寛文期(1661~72)に建てられたものです。

平成16年から20年にかけて5ヵ年計画により大規模な解体修理が行なわれ、幕末期の大山守大場家郷士屋敷に復元されました。

建物は農家造りの居住・役宅部と数奇屋風の格調高い御殿部(御殿・次の間・玄関・式台など藩主の御旅館として使用)があり、長屋門を構えた屋敷となっています。

大場家は代々水戸藩の大山守を務め、20数カ村の藩有林を管理するとともに、各村の庄屋の上に立ち、勧農、税の徴収・訴公・治安等、広域にわたる藩行政にたずさわりました。

大場家郷士屋敷は、霞ヶ浦・行方地域の政治・経済・文化活動の拠点として、その歴史を今に語り続けています。

屋敷概観屋敷内概観屋敷内部

最新投稿

  • 令和3年 文化講演会のお知らせ

    毎年恒例の文化講演会ですが、本年は11月14日(日)に開催いたします。 詳細は下記の通りです。(事前申し込み不要) ぜひ、ご参加ください。

  • なめテレで放送されました

    なめテレ「生で情報発信!なめこい。」2021年10月15日放送回で当施設が紹介されました。 なめテレオンデマンドで動画を公開中です。 ぜひご覧ください。 なめテレオンデマンドホームページ http://namegata. …

  • 公開講座が行われました

    昨日行われた茨城女子短期大学公開講座には、県内から多くの方々のご参加があり、大変賑やかな見学会となりました。 茨城女子短期大学教授の小林和子先生のご挨拶のあと、当施設スタッフにより解説をしました。皆さん熱心に聞いて下さり …

  • 金木犀の香りと敷石工事の完了

    屋敷内を歩くと金木犀の香りがしてきて、秋の訪れを感じます。 この香りが好きという方も多いのではないでしょうか。 橙色の小さな花から漂う甘く芳しい香りに心がほっと和みます。  花が咲いているのは一週間程度とのことで、とても …

インフォメーション