御殿の間(西側)

御殿の間(西側)

御殿の間の南側のお庭は、水戸藩2代藩主・光圀公が「大日本史」編纂の為に京都から呼び寄せた学者の作庭と伝えられております。