御殿部前面

御殿部前面

主屋の建物は農家造りの居住・役宅部と数寄屋風の御殿部に分けられています。御殿部は、水戸藩初代藩主・徳川頼房公の領内巡視の際の宿泊所(御旅館)として建てられました。